だけど、ダイビングが好き!!

インストラクターとして、ダイビングで日々感じたことを綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し話が飛んでしまったが、IE合格後しばらく、その国をウロウロしていた。
その間は同じその国を歩いていて、出合った仲間や、その町先のダイビングショプで潜った。

当然日本人以外の人とバディで海を楽しむこともあった。
そこで、海外でのショップでのファンダイブでは、ガイドというものは付かないことが多い。
これが、日本との大きな違いだ。
その国で出会った何人かの日本人の仲間も、それがネックだった、という人も何人かいた。
そのため、そういう仲間と、そこそこ潜り楽しんだ。透明度も良く快適だった。
個人的にもその町で少しお手伝いをし、多少お駄賃もいただいたりした。

海外資本のお店となると、日本のショップのありかたと、意外と違うな・・と思った。
何と言おうと、完全に自己管理。もうそれだけで大きく違う。
最低限の事以外は、必要以上に手を出さない。聞いた事しか答えない。出来て当たり前。
ポイントに付けば、バディ同士のタイミングで海に入り、それぞれのプランで楽しんでいた。
そんなやり方をしている所もあった。
もしかしたら、これも特別だったかもしれない。

だが、どこも基本は自己管理。やはり必要以上な事はしない。
水中マップを使いコース説明・流れの情報。ちょっとした生物の情報。そんな感じだ。
後はバディ同士おのおのエントリーし、水中に散らばる・・・
ただ、深度や、NDLこれを守らないと、次のダイブは無い。そこは24時間ダイブは出来ない。

ここには、ルールを知らないダイバーはいない。
フリー潜行できないダイバーもいない。適正ウエイトも、その組み方も、
ダイコンの見方も、だれもが知っている。そして、みなボートに戻ってくる。
いままで、私が伊豆でしてきたダイビングが嘘のように思えた。
日本人以外のダイバーの実力をまざまざと見せ付けられた。
これが世界のダイビングだと実感した。

PADIは世界中で多くのダイバーを育てている。
そして、ダイバーは自分にとってよりよい海を求めて、海外にも行く。
楽しみ方や、目的は人それぞれだが、私にとってあのときのダイビングは、非常に充実していた。
いままでにない、達成感を味わった。
私はOW・AOWと近場の海外で取得したが、ほぼ純国産と言えよう・・
その時にこのようなダイビングが出来ただろうか?
今海外でなく、神奈川で活動しているのも、この体験が大きい。
このようなダイビングをしてほしい、出来てほしい、こういうダイビングを伝えていきたい。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://leonina.blog46.fc2.com/tb.php/87-f289d893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。