だけど、ダイビングが好き!!

インストラクターとして、ダイビングで日々感じたことを綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やった!!黒潮が多分入ってきた!!西伊豆だけみたいだが
しかもこの時期に・・・
うちのお店は神奈川県、だからダイビングのスポットは伊豆・三浦がメインになる。
これで、よりお店も繁盛するかな・・・海を頼りにするのも情けないな・・・・

私は最初、Cカードを取るのが目的ではなく、ダイビングを楽しむために取得をした。
そして、イントラのCカードもそうだ、ダイビングをもっと楽しむために取得した。
今はイントラ業をやり、ダイビングの楽しさを伝えている。
この楽しさを伝える。これが今私はダイビングを通し楽しんでいる。
結局、今も昔も自分はほとんど変わらない。変わったのはダイビングに対する姿勢だ。

この、ダイビング、娯楽・リクレーション・スポーツ・・など、カテゴリーがハッキリしない。
私は、ダイビングは安全を守ることにより、初めて成り立つスポーツだ。と思っている。
つまり、スポーツだ。しかも、体力・知力など、かなり使うスポーツだ。
そして、スポーツの中では唯一審判(ジャッジ)がいない。つまり退場は無い。
これが、リクレーションとも、娯楽とも言われるゆえんだと思う。

プロの世界、例えばプロ野球では、ルールを犯すとペナルティーが与えられる。
悪質なものになると、退場そして罰金まで払う事になる。
子供が遊ぶ草野球でもルールを犯すと、罵声を浴びる。そして自分が嫌な思いをする。
そして、我々も同じプロだ、ジャッジは指導団体が行う、そして我々もルールを犯すと、
ペナルティーが科せられる。重いものはイントラのCカードを取り上げられる。
しかし、一般のダイバーにはない。しいて言えば命にかかわる。

これもそうだ、社会にはルールがある。交通ルールもその1つ。
スピード違反は、どれだけスピードを出したかにより、罰金の金額も違う。
しかしダイバーにはどれだけ深く行こうと、罰金は無い。
何をしても、だれも文句は言えない(物取りは別ね)何をしてもいいのだ。

このジャッジが無い、又は甘いから何をやってもいいのか?
一般社会で、燃えるゴミの日に、空き缶をだしていいのか?
どれも同じルールだ。ジャッジは自分でくだす。
ある意味社会性を問われる、変わったスポーツだ。大人の遊びとも言うかな?

我々は、これをコースでそのレベルの情報を与える。これも、そのコースの価値だ。
この情報・価値を伝えないと、我々にはジャッジがくだされる。
そして、伝えられたダイバーは何時までも常識知らずざ



スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://leonina.blog46.fc2.com/tb.php/65-f76297e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。