だけど、ダイビングが好き!!

インストラクターとして、ダイビングで日々感じたことを綴っていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

去年の夏は忙しかった・・・・そして年明け、今もソコソコ海に行っている。
確かに忙しかったが、一昨年ほどではない。
でも、これは想定していたこと。時代と逆行して、OWの価格を少し上げたからだ。
OWの価格だけを見ると他店より高い。同じ地域にはかなり安く出している所もある。
しかし、お客さんは来てくれた。色々話をしたし、私も聞いた。
一度も楽しんだ事の無いダイビング、しかし、なにがしら思っていることが有るはず。
だからダイビングを始める。
この思いも、悩み事や、心配事なら、1つ1つ解決をしていく。
楽しみたい事、やってみたい事なら、いろんな方法を提案する。
そうやっていった結果、中身の濃いお客さんが少しだけ増えた。
つまり、本当にダイビングを楽しもう!そう考えているお客さんが多い気がする。
そして、何より、うちのお店を選んでくれたことに感謝している。

スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

随分、休んでしまいました。
暖かくなっても書く時間はあるべ・・・・・と思っていましたが、意外と忙しかった。
ツアー・講習・器材販売・そして、その都度HPを更新したりと、あっという間の夏。
まだ、やり残している部分もあるが、少しずつ時間も作れるようになった。
つまり、ガクンとお客さんが減た・・・・・・・(泣)・・・・・・・
伊豆もいい時期になってきたのにね。また宜しくお願いいたします。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

そろそろ台風の季節になってきた。
今も発生している、この週末がどうなるか心配だ・・・
海にいくかどうか、早急に判断しなくてはならない・・・みなさん色々予定がありますからね。

今海はホンダワラやカジメが幻想的に見える。
私はチマチマと、マクロ系の小魚を探すダイビングはあまり好きではない。
これは偶然出会えればいいや・・・と言う感じだ。
どちらかというと、季節ごとの伊豆の環境を伝えたり、グッチャリ居る魚の中を泳いだり、
洞窟・沈船といった、環境ダイビングが好きだ。

でも、この時期にはマクロも意外といい。何故かと言うと、生物は産卵時期に入る。
小汚いがイザリウオもお腹がパンパンだったりする、そうなるとぜひ、見てもらいたいと思う。
タツもそうだ、オスメスと2匹で寄り添っていたりもする。
井田 ダイビング

もうそろそろネンブツダイ系も口内保育がはじまるのかな・・・と感じている。
今回見たオオスジ?イシモチも岩陰でジットしていた。口周りも大きい感じがした。
今後もどうなるか見たいな・・・と思うが、いかんせんプロショップ。毎日同じ海に入ることは無い。
たまに現地が羨ましく思えるが、そうでない楽しみもある。ま・・・お互い様だね。

もうそろそろ、ホンダワラも消え、また違う海が出来るでしょう、今度は季節来遊魚。
南伊豆ではミナミハコフグの幼魚が居た、という話も聞いている。今年は何が来るか楽しみです。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

この間の土曜かな・・・2ボートのファンダイブに行ったら、うちのお店だけ。つまり貸切。
ビックリした・・・・
大瀬崎 ダイビング

透明度は本当に良くなかった。でも、どこも同じようにに浅場だけ。
15m以深は見えた(少し深いかな・・・・)しかし水温は低い・・・
それでも、魚は物凄い。もちろん珍しくは無いが、こんなにいるのか!というくらい。
んんんと・・・体にまとわり付く感じもした。イサキ・ネンブツダイ・スズメダイ・・・などだ!

私は生物にはそんなに興味は無いが、この数には感動した。
いる所にはいるな・・・・という感じ。
ダイブ中流れが出てきた、そうすると、やつらも動きが活発になる。
皆同じ方向を見て、尾っぽを一生懸命ヒラヒラさせている。
このときに体がキラキラして、これまた綺麗だ。

海に求める物は、透明度。沢山の魚。珍しい生物。大物。海は穏やか。色々あると思う。
実際、求めた物が全てそろう事は無い。なにがしら欠ける。これは季節にもよる。
ここが、海の面白い所だね。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

海外でブラブラしていた時期は日本との、ダイビングの考え方・・
と言うかスタイルに、かなりの衝撃を受けた。
どちらがいいかは解らないが、私には少ない日本での体験から、海外のようにダイビングを楽しむ。
これだけの、ダイバーにとって当たり前のことが、とても新鮮に思えた。

グダグダしているうちに、帰国する。ツテを使い、プロショップで働き出した。
私もこの時にはまだ、ダイビングに対して毅然とした物は持っていなかった。
ただ、海外での経験から伝えたいものはあった。これを伝えたかった。

そして、今思うと、ここのお店は未熟でファンダイブも、コース内容も完成してなかったと思う。
私に対してコースのあり方などの説明は無かった。
どういう思いでダイバーを育てているか、お店として、どういうあり方でやっていくか、
本当に無かった。そして自由にやって良いようなニュアンスはあった。
私もどうしていいか解らず、当たり前のことをやっていただけだった。
オーナーはほとんどお店には居ない、何をしているかもわからない。
お客さんが来て、ツアーなり、講習なりが入ると、オーナーが連れて行く。
私は、もっぱら学科とEFR(当時MFA)をやっていた。とは言えそんなに多くは無い。

ある日とんでもないことを言われた。
私はズーート書いているように魚はあまり詳しくない。いまでもそう思っている。
ある日オーナーから、こんな私にこう来た。
「このお客さんは魚が好きだから、大瀬でも行って楽しませてきてくれ」
大瀬でも!楽しませてきてやって!・・・・とても酷い話だった。
オーナーの考えがどういう物なのか、想像がつく。
ま・・・・行けと言われれば行くが・・・ほとんど海に行っていない私には旬な情報は無い。
さ・・・・どうすんべ・・・

当時私も同じだった、ここで反発が出来なかった。
結局は、ダイビングを楽しもうと来ていただいている、お客さん、生徒さんに
大変失礼な、お粗末なショップであった。
このお店は、ダイビングを仕事として見ていなく、お金儲けの場だったのかもしれない。
今思うと、本当に恥ずかしい事をしていた。当時のお客さんに謝りたく思う

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。